田舎暮らしって のどかなの?

こんにちは、Qooです。私のブログやTwitterを見ている皆さんはお気づきかもしれませんが、私の住んでいる場所は、結構、田舎なんです。

こんなきれいな海があったり、

田畑やビニルハウスが広がっていたり、

12月なのに菜の花が一面咲き乱れている場所もあります。

こんなのどかそうに思える田舎暮らしですが、良いところ、不便なところを私の視点で書き皆さんにお伝えしたいと思います。

田舎に住んでみたいけど、実際のところどうなのか?という方には参考になると思います。

 

目次

私の住んでいるところ

スーパーやホームセンター、総合病院は車で5分位の所にあります。

田畑が広がる中の集落の一角に自宅があります。

山奥の中の「ポツンと一軒家」とは違い、日常生活にはさほど不便はないくらいの田舎です。

田舎暮らしのメリット

・空気がきれい

・景色がきれい

・賃貸の場合家賃が安い

・庭付き、戸建て住宅に住んでいる人が多い。

・星がきれいに見える

などが挙げられます。

 自然が好きな方には最高だと思います

田舎暮らしのデメリット

大人になったら、車が必要(一人一台)

どこに行くにも車は必要。スーパーやコンビニへの買い物車がないと生活できません。車の購入、車検代、保険料、自動車税、ガソリン代などの費用のがかかります。

飲食店や衣料品などを売っている店が少ない

全く無いことはないのですが、市内には少ないので隣の市まで行くことがあります。

最寄り駅までが遠い・電車の本数が少ない

今住んでいる場所から最寄りの駅までは徒歩だと30分位かかります。公共交通機関は不便に感じ、車の運転ができるようになるとほとんど利用しなくなります。

子供の塾、習い事などの送迎が必要

家の近くに無いことが多いので親の送迎必要になることが多いです。例えば18:00~19:00の場合、17:45に家を出て送り、一旦家に帰り家事をし、18:45くらいにまた迎えに行き19:15に家に着きご飯を食べる。というルーティンになり、かなり負担を感じました。

子供の習い事の種類が少ない。

ピアノ、スイミング、英語、学習塾、小学生のサッカーなどは市内にありますが、教室の数も少なく選択肢が少ないと思います。少し変わった習い事をしたい場合は隣の市まで行かなくてはなりません。送迎の負担がさらに増します。

地域の行事が多い

お祭り、ゴミ拾い、草刈り、ウォークラリー、ふれあいフェスティバル、子供会の行事、盆踊りなどありますが、一度行事を増やすと毎年行うことになり行事が増え役員の負担が増え続けます。

地区の役員になると多忙になる。

本業よりも地区の仕事優先になり本業に支障が出る。

ちなみに現在夫は自治会長をしています。会議や、行事がたくさんあり、家に居ないことがよくあります。慣れない仕事にストレスも感じているようです。

昔からの風習や、今までのやり方を変えるのは難しい。

例えば、葬式。同じ地区で昔から住んでいる住人が亡くなると必ず、通夜や葬儀に行きます。隣近所の方が亡くなるとお手伝いを頼まれます。最近は、セレモニーホールを利用することが多いのでお手伝いに行ってもあまり仕事はなく、

手伝いに来る意味あるのか?と思いますが、

「これも付き合いなので。」と言われ断ることはできません。本業も休まなくてはいけません。

など、個人の意見だけでは古くからの風習を変えることは難しいことです。

ご近所付き合いが・・・。

ご近所の方が野菜など持ってきてくれることはありがたいと思うのですが、お返しを用意したり、世間話をするのが面倒だと感じることがあります。

良いことも、悪いこともすぐに噂になってしまいます。

虫が多い

夏場は、ハエ、蚊、クモ、ムカデなどの虫は多発します。

虫の他にも、カエル、ヘビ、イタチなどにも遭遇することがあります。

デメリットの方が多いと思います。人付き合いの苦手な方や、車の運転ができない方、虫の苦手な方は田舎暮らしには合わないと思います。

最後に

私自身、できることならもっと公共交通機関が充実したところに住み、時々自然の多い場所に行くというのが理想です。⇦長男の嫁なので難しいですが。

しかし、

自然が好き

広い場所に住みたい

人付き合いが好き 

という方には田舎は最高の場所だと思います。

皆さんは、どう思いますか?

Twitterでお答えいただけたら嬉しく思います。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる