KDP(Kindle Direct Publishing)アカウント登録方法

こんにちは、Qooです。

Amazonでkindle本を出版するには、KDP(Kindle Direct Publishing)アカウント登録をする必要があります。

すぐにkindle本を出版しなくても登録だけしておけば、出版するときにスムーズに出版できますよ。

私も先日、登録しました。

この記事を読んで分かること

kindle本を出版する前のKDP(Kindle Direct Publishing)アカウント登録の手順

目次

KDPアカウントを作成します

まずは、kindle direct publishingにアクセスする。

Amazonアカウントを持ってる方は、サインインする。

Amazonアカウントを持ってない方は
「サインアップ」をクリックする。

「KDPアカウントを作成」をクリックする。

「名前」「Eメールアドレス」
「パスワード」を入力する。

「KDPアカウントを作成する」を
クリックする。

利用規約を読んで確認して「同意する」を
クリックする。

これでKDPアカウントが作成できました。

アカウント情報を入力する

次は、kindle出版するときに必要な「著者名」「支払い受取銀行口座」「税金に関する情報」を入力していきます。

「アカウント情報が不完全です。」と表示されるので、「今すぐ更新」をクリックする。

著者/出版社情報を入力する

「国」は「日本」を選択する。

「氏名」は、本名を入力する。
(ペンネームは書かないで下さい。)

「郵便番号」は、半角数字で入力する。

「都道府県」を選択する。

「市区町村」「住所1」「住所2」を入力する。

「電話番号」を入力する。

ここで入力した氏名・住所・電話番号は、誰にも公開されません。  

支払いの受け取り方法を入力する

kindle出版し、収益が発生した時に振り込まれる銀行口座の登録をします。

銀行所在地を選択してください。

「口座名義」は、半角カタカナ、姓と名の間は半角スペースを入れりる。

「口座の種類」「口座番号」を入力する。

「金融機関名」「金融機関コード」「支店コード」を入力する。

最後に「追加」をクリックする。

「支払いの設定が完了していません」と表示され心配だと思いますが、大丈夫です。

右下の「いいえ」をクリックする。

下のような画像が表示されればOKです。

税に関する情報を入力する

「税に関する情報を登録する」をクリックする。

「貴社/あなたの納税区分は何ですか?」➡「個人」を選択する。

「米国の税務上、あなたは米国人ですか」➡「いいえ」を選択する。

「ステータスは仲介代理人、また別人の代わりに支払いを受ける代理人、あるいは橋渡しをするだけですか?」➡「いいえ」を選択する。

「フルネーム」➡アルファベットで名前を入力する。

「国籍を有する国」➡日本を選択する。

「現住所」➡アルファベットで入力する。

「郵送先の住所」➡現住所で良かったらチェックを入れる。

「完了」をクリックする。

「私は米国以外のTINを持っています」➡
チェックする。

「TIN値」➡マイナンバーカード(通知カード)の個人番号を入力する。

「私は米国のTINをもっています。」
➡チェックしません。

「続ける」をクリックする。

通常、米国のAmazon.comでkindle出版すると、利益に対して30%課税されます。しかし、「TIN値」にマイナンバーカードの個人番号を入力することにより免税申請することができ、源泉徴収税率が0%になります。

税制上の居住国➡「日本」を選択する。

「確認」をクリックする。

一番上の「IRSのフォーム~同意します。」➡チェックする。

「署名」➡アルファベットで入力する

「保存してプレビュー」をクリックする。

このような文書が表示されるので、

「フォームを送信」をクリックする。

「適用源泉税率0.0%」になっていればOKです。

「インタビューを終了」をクリックする。

以上でKDPアカウントアカウントの
登録は完了です。

ここまでできれば、kindle本出版の手続きが進められます。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる