40代主婦 保険の見直しで1万円節約に成功!!

こんにちは、Qooです。

私は、加入している保険を見直して

毎月約1万円

の節約することができました。

保険って入ってると安心だけど。

本当に必要な保障ですか??

今の自分に合っている保障ですか?

たくさん入ってればいいってことでもないと
思います。

私は、以前から保険料の負担が気になっていました。

保険に入っている安心感から、
保険の見直しを放置していました。

今年の1月に人間ドックを受け、結果は

再検査なし

今のところ、健康に問題ないということです。

健康なら、保険は必要ないのかも

と思いました。

そこで、現在加入している保険をじっくり見直し、考えてみました。

目次

現在、加入している保険

基本情報

年齢  45歳

性別  女

家族構成  夫、長女(19歳)、長男(17歳)

生命保険

生命保険とは、

被保険者が、死亡または高度障害になった時に支払われます。

三井住友海上あいおい生命保険

保険料  7,411円 (月払・払込期間は、60歳まで)

【主契約】

死亡・高度障害保険金 5,000,000円

受取人  夫

【特約】

災害入院特約    3,000円

災害退院後療養特約 3,000円

疾病入院特約    3,000円

疾病退院後療養特約 3,000円

この生命保険は、結婚する前に加入した保険です。当時は、まだ保険の仕組み内容は分かっていなかったものの、保険はなにか何か一つは加入しないといけないと思い加入しました。

受取人は、夫です。

未来の自分が決める保険 WAYS

死亡・高度障害状態   2,000,000円

受取人  長女

保険料は、一括で払済

満60歳からの保障については、下記コースから選択することができる

1.医療保障コースに変更

2.介護年金コースに変更

3.年金コースに変更

4.死亡保障コースを継続

未来の自分が決める保険 WAYS

死亡・高度障害状態  2,000,000円

受取人  長男

保険料は、一括で払済

満60歳からの保障については、下記コースから選択することができる

1.医療保障コースに変更

2.介護年金コースに変更

3.年金コースに変更

4.死亡保障コースを継続

この2つの保険は、加入時に一括で保険料を払い込んでいます。

受取人を長男・長女にしてあります。

私が死亡した時には、長男と長女に保険金が支払われます。

私が、60歳になった時点でコース変更できます。

60歳以降どうするかは、今後の貯蓄額や生活スタイルを考え決めようと思っています。

医療保険

医療保険とは、病気やケガで入院した時などに支払われる保険です。

アフラック 
ちゃんと応える医療保険EVER払済タイプ

保険料  6,193円(月払・65歳払済)

【主契約】

疾病入院給付金   5,000円

災害入院給付金   5,000円

手術給付金     50,000円 

(重大手術は、200,000円)

放射線治療給付金  50,000円 

【特約】

入院一時金特約    50,000円

女性特定手術給付金 200,000円

乳房再建給付金   500,000円

何年か前に加入したアフラックの医療保険を、
2019年に見直し加入しなおしました。

がん保険の内容と同じような給付金もあります。

がん保険

がん保険とは、がんになった時に支払われる保険です。

アフラック 
生きるためのがん保険Day1

保険料 3,205円(月払)

【主契約】

診断給付金 

 がんの場合    500,000円

 上皮内新生物の場合 100,000円

入院給付金      10,000円

通院給付金       5,000円

【特約】

手術治療給付金   50,000円

放射線治療給付金  50,000円

診断給付金複数回支払特約

 がんの場合     500,000円

 上皮内新生物の場合 50,000円

がん保険は、結婚する前に勤めていた職場の関連会社がアフラックの代理店をしていて加入しました。

最初は、「スーパーがん保険」の加入していました。

「生きるためのがん保険Day1」は上記の「ちゃんと応える医療保険EVER払済タイプ」を見直したときの同時に見直しました。

アフラック 
生きるためのがん保険Day1プラス

保険料 1,741円(月払)

【主契約】

通院給付金    5,000円

【特約】

手術治療給付金     50,000円

放射線治療給付金    50,000円

抗がん剤治療給付金   50,000円

ホルモン剤治療給付金  50,000円

 (乳がん・前立腺がんの場合 25,000円)

がん先進医療給付金

診断給付金複数回支払特約

 がんの場合     500,000円

 上皮内新生物の場合 50,000円

緩和ケア療養給付金 50,000円/月

生きるためのがん保険Day1プラスは、2019年7月に加入しています。

がん保険にすでに加入しているのにどうして加入したか覚えていません。

多分、アフラックからダイレクトメールが届いて何となく加入してしまったんだと思います。

何となくじゃダメですね。

毎月の保険料の合計

18,550円

とりあえず、保険に入っておけば安心

って気持ちで加入した保険ばかりです。

保障の内容が同じようなものがあり、無駄な保険料を払っているように思えました。

どう見直したか

どうしたら、現在の私に合う保険になるか考えました。

保険料は抑えつつ、保障は無駄なく、でも全く保障がないのは不安です。

まず最初に考えたのは、
都道府県民共済こくみん共済です。

どちらも掛け金は安く済みます。
しかし、年齢が上がると保障が少なくなってしまいます。

都道府県民共済 掛け金2,000円の場合

【入院給付金】

30歳~65歳  3,600円

65歳~70歳  2,000円

【病気で死亡の場合】

30歳~65歳  160万円

65歳~70歳  48万円

年齢が上がってからの方が病気のリスクが高くなるため、保障が少なくなっていくのは不安だと思いました。

病気になるリスクが少ない若い方や、保険料の負担をできるだけ抑えたい方には良いと思いますが、
私には合ってないと思い他の保険を探すことにしました。

\都道府県民共済はこちらからどうぞ/

\こくみん共済はこちらからどうぞ/

次に考えたのは、ネット型の生命保険です。

ネット型の生命保険を取り扱っているのは、

ライフネット生命

楽天生命

アクサダイレクト生命保険

などがあります。

ネット型で人件費などが抑えられるため保険料が安くなっています。

分からないことは電話でも質問できます。

対面で相談したいという方には向いていないと思います。

私は、今回以下のように保険を組み替えることにしました。

STEP
掛け捨ての定期保険に加入する
  • ネット型の、保険料が安い定期保険に加入する。
  • 掛け捨てなので、保険料は安いが解約返戻金はない。
  • 定期保険なので、10年・20年・30年など期間が決まっていて期間が来ればまたそこで更新する。
STEP
三井住友海上あいおい生命保険は、解約する。
  • 保険料の負担が大きい。
  • 入院給付金は医療保険に入っているので必要ない。
  • 解約時、解約返戻金がある。(2020年3月時点で、掛け込み保険料の80%くらいの返戻金がある)
STEP
医療保険に加入する
  • 保険料の安い医療保険に加入する。
  • 払済タイプではなく、保険料を払い続けるタイプの保険にする。
STEP
アフラック ちゃんと応える医療保険EVER払済タイプを解約する
  • 払済タイプなので、保険料が高い。
STEP
アフラック 生きるためのがん保険Day1に特約を付ける
  • 生きるためのがん保険Day1プラスを解約するので、「抗がん剤治療給付金」、「ホルモン剤治療給付金」、「がん先進医療給付金」「緩和ケア療養給付金」の特約をつける。
STEP
アフラック 生きるためのがん保険Day1プラスを解約する
  • 生きるためのがん保険Day1と保障がかぶるので解約する。

新たに加入した保険

ライフネット生命の生命保険と、医療保険に加入しました。

ライフネット生命 
定期死亡保険 「家族への保険」

月額保険料  1,135円

死亡・高度障害保険金 500万円

ライフネット生命
終身医療保険「じぶんへの保険3レディース」

月額保険料  2,588円

  • 入院給付金 5,000円×入院日数 (1回の入院日数が5日以内の場合は一律5日分)
  • 1回の入院の支払限度日数 60日
  • 女性入院給付金 5,000円×入院日数 (1回の入院日数が5日以内の場合は一律5日分)
  • 手術給付金 5万円(外来手術の場合は2.5万円)

保障が私に合っていること・ネット型のため保険料が抑えられるということが魅力でした。

\ライフネット生命はこちらからぞうぞ/

アフラック がん保険

「生きるためのがん保険Day1」と「生きるためのがん保険Day1プラス」の保障内容がかぶっています。まず、「生きるためのがん保険Day1」の特約を増やし保障を充実させ、その後、「生きるためのがん保険Day1プラス」は、解約します。

全部手続きが終了すれば保険料は、4,102円になります。

今後の毎月の保険料

定期死亡保険 1,135円

終身医療保険 2,588円

がん保険   4,102円

合計  7,825円

なんと、毎月10,725円

も節約することができました。

保険を見直してみて思ったこと

どんな保険が自分に合っているかは、

人それぞれ違います。

年齢、家族構成、考え方全く同じ人はいないからです。

大切なのは、

今の自分に合った保険に入っているか

自分がどんな保障の保険に加入しているか把握しているか

ということです。

今回は自分で納得したうえで保険の見直しをしましたが、また数年たって家族構成が変わったり、考え方が変わることもあると思います。

だから、定期的に見直し、その時最適な保険に加入したいと思っています。

そして、なりより良かったのは、無駄な保険を解約し保険料を節約できたことです。

毎月1万円の節約はとても大きいと思います。

節約できた1万円は、投信積み立てに充てるつもりです。

あなたも一度自分がどんな保険に入っているか確認してみることをおススメしますよ。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる